悩める慢性疲労|生活リズムを整えて目覚めをスッキリ

ガッツポーズの女性

脳の疲労からくる病気

困っている人

若い人に広まっている

最近の慢性疲労の種類には、不登校の学生など若い人がかかる小児慢性疲労症候群の割合が増えてきています。この症候群の症状は、3か月以上持続している疲労や倦怠感及び睡眠や覚醒リズム障害が伴う病気です。今後は小児慢性疲労症候群を回復させるための研究が活発になるだけでなく、情報番組などで取り上げられることも多くなるのではないかと言われています。また、慢性疲労は規則正しい生活や食事、運動だけでなく、治療薬を投与することで治療の幅が広がってきています。使われているのは、抗うつ薬やコルチコステロイド薬によって、ゆっくりと自分のペースで治療していくことができます。また、最近では脳の炎症と慢性疲労症候群が広い領域でつながっていることがわかっています。

脳から回復する方法

慢性疲労を回復させるためには脳の疲労が大きく関わっています。まず一つ目は、一時的に脳の疲労を麻痺させることによって擬似回復効果を得ることができます。コーヒーやたばこ、お酒や疲労回復系ドリンクを使うことによって、一時的にストレスを回避することができます。また、こうしたことで脳の疲労を軽くさせ、体にいい運動を取り組むことで根本的なところから脳の疲労を回復させ、慢性疲労を治療することができます。また、食事やサプリメントによって慢性疲労を回復させる効果があります。温かい飲み物は、不安やストレスを解消する効果があります。脳疲労を回復させるサプリメントはイチョウ葉エキスやチロシンが配合されているものが慢性疲労の回復にもつながるとされています。